新たな問題が起きる前に銀行にも総量規制を。

sanseihantai総量規制はもともとは多重債務者の自殺が多発したことから始まったことであり、そのような悲惨な事例を防止する目的自体は非常に歓迎されます。生きていくうえでお金は非常に大切なものです。しかし、そのお金のせいで人生を自ら絶ってしまうという判断をさせてしまうのはやはり問題があると考えるからです。

ただやはりわかりにくいのは銀行のキャッシングは銀行が貸金業法の総量規制対象外として除かれていることです。普通、「年収の三分の一以上の借り入れはできなくなりますよ」と言われれば、銀行だろうがどこだろうが、問答無用でそうなると思うのではないでしょうか?しかしそうなってない。

おそらくは銀行はそんなに無茶に融資はしないだろうということが前提にあるのかもしれませんが、やはり不公平感は否めません。どこがやっているのか、だれがやっているのかではなく、お金を貸す、融資するという行為に対して総量規制は設けられるべきではないでしょうか?

確かに、銀行が貸し込んで多重債務者など問題が多発している気配は報道では感じられませんからそれはいいのかもしれません。まぁ、宣伝してないだけだろうっていう話もあるにはありますが、一時の消費者金融の宣伝っぷりはひどかったですからね。やりすぎたために集中的に規制をかけられたという部分はあるのかもしれません。

しかし、法律の規制をかけるならやはり平等感は必要であるでしょう。対象と対象外という抜け道を作っているのは解せません。

結局、言葉を換えたところで銀行のカードローンやその他の個人向けの融資というものは本質的には消費者金融の貸金と何ら変わることはないことは誰でもわかっていることです。何が違うのでしょうか?
昔なら金利の水準が大きく違ったりしていましたが、今では遜色ありません。

問題が収まっているようだから良いということはもちろんないのですから、問題が起きる前に規制をした方がいいのではと考えてしまいます。

korehakuchikomi