当時の法律がすべて悪かった

消費者金融での借入やクレジットカードでキャッシングに対して
総量規制という貸金業法という法律が設けられました。
これは年収を算出し、その年収の3分の1を貸出の枠に
規制するというものです。

私は総量規制によって消費者金融はどんどん無くなっていくと思います。
以前はアルバイトの方や低所得の方でも
返済を滞ることがなければ限度額の増額を消費者金融のほうから
勧誘してくるといったやり方をしていました。
もちろん法律の傘で守られていましたから
どんどん貸し出して高い利息で儲けていたんですね。
借入額が増えて多重債務・自己破産に陥ってしまうケースを
消費者金融側でもわかっていたはずです。
それでもどんどん貸し出すというのは、
やはり法律を傘に儲けに走ったからではないでしょうか。

しかし、過払い請求の件で消費者金融に悪い印象を持つ方が
増えたかもしれませんが、私はそうは思いません。
そのときの法律に則っていましたし、
利息も貸し出す際に合意の上で借りたはずです。
私は当時の法律がすべて悪かったと思います。