多重債務を救う総量規制

sanseihantai

そもそも総量規制って多重債務になる人を救済するわけではなく、そうなる前に手を打とうっていう法律なはずなので、考え方は間違ってないと考えます。多重債務に陥る人は結局お金の管理にルーズな人が多いって話もよく聞きますから性善説で考えてたら状況はよくならないのでは?必要以上にお金を借りたいという人にはそれなりの理由があるはずで、そうならないような社会の仕組みは絶対に必要です。

korehakuchikomi

総量規制のせいでヤミ金が増えるのでは?

sanseihantai

反対ですよ。総量規制とかの制限に引っかかった人が、お金を借りなくても良くなるわけではありません。お金は必ず必要で、そのお金を用意できなければその人の人生は悪い方向に転びます。それが一家の家計を預かる立場の人だったらちょっとその後の展開も想像したくありません。銀行が総量規制対象外って話ですが、消費者金融とかから借り入れできない人が銀行から融資してもらえるのかも疑問ですし。。。結局、急場しのぎでヤミ金とかに流れていくんじゃないでしょうか?だから反対です。

korehakuchikomi

総量規制よりも多く借りたいという人は多い

sanseihantai

知り合いが消費者金融から借りたけど、ある日借り入れができなくなったそうで、それが総量規制だったようです。最初はその人も面食らって周囲にお金の無心をしたりしたそうですが、そのうち銀行のカードローンとか、総量規制対象外カードローンというものを知ったようで、ネット銀行のカードローンに申し込んだら追加で借りれて助かったって話をききました。
そういう友達の話を考えると、規制も良し悪しだなと思います。だって本人が借りられないのは自業自得の面があるとしても、周囲の人にしてみたら結構迷惑な話ですよ。まぁ、対象外があるからいいんですけど。

korehakuchikomi

総量規制は妥当な制度

sanseihantai
かつての消費者金融のように際限なくお金が借りれるようだとやはり、自己破産などにもなる可能性が高くなるので何らかの規制は必要なのではないかと思います。そういう意味では総量規制の年収の3分の1というのは妥当な数値といえるのではないでしょうか。10分の1だとかなり少額になる場合もあるので3分の1だとそれなりにまとまった金額でもあるので少なすぎるということにもならないように思います。
しかし、実際にはお金の管理は金額の大小や割合というものでなく、しっかりとした経済感覚をもって家計をコントロールするかによるところも大きいと思います。3分の1しか借りれないと思う人はそもそも経済感覚的にも甘いように感じます。家賃などの住居費も収入の3分の1といわれているので妥当な制度だと思います。

korehakuchikomi