キャッシングの総量規制、希望となるのかそのまた逆か?

sanseihantai貸金業法が施行されたのは、わたしが丁度貸金業に関係する仕事に携わっていた時のことでしたので、
実際に総量規制が開始された際のパニック状態は強く印象に残っています。

そう、まさしくパニック状態でした。貸金業法は段階的に施行されたというものの、実際には認知が足りなかったのか、利用者にとっては借りられるお金の額が急に減ったという印象を残すばかりだったようです。

その時聞いた多くの意見は、「急に借りられる額が減ったら生活が出来ない」「それなら借りられる別のところから借りるしかない」といったものでした。
キャッシングを利用するすべての人がそうであった訳ではないものの、多重債務者に一番近い、限度額いっぱいまでキャッシングをしている人たちを追い詰めたのは間違いないようでした。
本当に総量規制で多重債務は減るんだろうか。このままでは違法な貸金業者にお金を借りる人が増え、多重債務の問題をより広げるだけになるのではないかと考えたのを覚えています。

総量規制は多重債務解消の希望となったのでしょうか。
もしかしたら、より悪い方へ後押しする結果になってしまったのではないかと今でも思います。

korehakuchikomi

歯止めを利かせる為には必要なもの

sanseihantai年収の3分の1までしか借り入れが出来ないのは、借りる者にとって親切な規制ではないでしょうか。
際限無く借りられたとしても返せないのでは意味がない上にお金を貸す側にも最終的に迷惑がかかってしまうのではと思います。
お金は返す時だけでもなく借りる時にも計画性をもって実行すべきだと思うので、それの目安や手助けになりうる裁総量規制は良い制度だと思います。
総量規制にとらわれたくなければ銀行から融資を受けるという選択肢も残されているので、返せる予定や自信がある人はそちらから借り入れれば良いのです。
それぞれの経済状況と未来の収入を踏まえて各機関からお金を前借りするなら、歯止めを利かせる自制心が大切です。
それが無い人にとっては将来首が回らなくなって困ることの無いよう、必要な制度だと思います。

korehakuchikomi