総量規制は妥当な制度

sanseihantai際限なくお金が借りれるようだとやはり、自己破産などにもなる可能性が高くなるので何らかの規制は必要なのではないかと思います。そういう意味では総量規制の年収の3分の1というのは妥当な数値といえるのではないでしょうか。
10分の1だとかなり少額になる場合もあるので3分の1だとそれなりにまとまった金額でもあるので少なすぎるということにもならないように思います。しかし、実際にはお金の管理は金額の大小や割合というものでなく、しっかりとした経済感覚をもって家計をコントロールするかによるところも大きいと思います。
3分の1しか借りれないと思う人はそもそも経済感覚的にも甘いように感じます。家賃などの住居費も収入の3分の1といわれているので妥当な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制は必要かとは思うけど。闇金がのさばる可能性も?

sanseihantai私は現在30代後半ですが、私の親世代はまだまだ家庭が貧しかったり、法律もしっかりと整備されていなかったこともあったのでしょうが、闇金からの取りたてなどはヤクザまがいの人達も多かったようです。

現在でもそういう業者はいるのかもしれませんが、きちんと県に届出をだして経営されている消費者金融の方が多数を占めていると思います。消費者金融は悪のような扱いをされることがありますが、借りる本人の意識や使い方次第で生活の助けになる部分は大きいかと思います。

世の中には法律で割り切れない類の借金を抱えつつ、何とか生活をしている方々も必ずいますし、銀行はおろか消費者金融でも総量規制が壁となり、もうどこへ行っても借りることができない場合には、破滅の道をたどる可能性があったとしても、わらにもすがる思いで闇金から借り入れをしてしまうのでは?と思います。

korehakuchikomi

キャッシングの総量規制、希望となるのかそのまた逆か?

sanseihantai貸金業法が施行されたのは、わたしが丁度貸金業に関係する仕事に携わっていた時のことでしたので、
実際に総量規制が開始された際のパニック状態は強く印象に残っています。

そう、まさしくパニック状態でした。貸金業法は段階的に施行されたというものの、実際には認知が足りなかったのか、利用者にとっては借りられるお金の額が急に減ったという印象を残すばかりだったようです。

その時聞いた多くの意見は、「急に借りられる額が減ったら生活が出来ない」「それなら借りられる別のところから借りるしかない」といったものでした。
キャッシングを利用するすべての人がそうであった訳ではないものの、多重債務者に一番近い、限度額いっぱいまでキャッシングをしている人たちを追い詰めたのは間違いないようでした。
本当に総量規制で多重債務は減るんだろうか。このままでは違法な貸金業者にお金を借りる人が増え、多重債務の問題をより広げるだけになるのではないかと考えたのを覚えています。

総量規制は多重債務解消の希望となったのでしょうか。
もしかしたら、より悪い方へ後押しする結果になってしまったのではないかと今でも思います。
korehakuchikomi

歯止めを利かせる為には必要なもの

sanseihantai年収の3分の1までしか借り入れが出来ないのは、借りる者にとって親切な規制ではないでしょうか。
際限無く借りられたとしても返せないのでは意味がない上にお金を貸す側にも最終的に迷惑がかかってしまうのではと思います。
お金は返す時だけでもなく借りる時にも計画性をもって実行すべきだと思うので、それの目安や手助けになりうる裁総量規制は良い制度だと思います。
総量規制にとらわれたくなければ銀行から融資を受けるという選択肢も残されているので、返せる予定や自信がある人はそちらから借り入れれば良いのです。
それぞれの経済状況と未来の収入を踏まえて各機関からお金を前借りするなら、歯止めを利かせる自制心が大切です。
それが無い人にとっては将来首が回らなくなって困ることの無いよう、必要な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制には賛成

sanseihantai基本的に総量規制には賛成です。

借金をする人の傾向として、さまざまな消費者金融からお金を借りてしまうことがあげられます。期日までに借金を返すために他の消費者金融から借りて返済しようとすれば、借金がふくれあがるに決まっています。

多重債務をすることになれば、最悪の場合、家の財産や銀行口座まで差し押さえられてしまう恐れもあり、そうなれば自己破産か個人再生といった債務整理をするしかなくなってしまいます。

ただし、総量規制をすることによって、生じるデメリットもあるように思います。何らかの事情で多額の借り入れが必要になった場合のときです。きちんとした返済計画もあるにもかかわらず借り入れができないというのはやはり不公平な感じがします。

したがって、今後は総量規制の例外的措置について考えていくべきだと思います。多重債務者を出さずに、しかも一部の借り入れを必要とする人も助けれるように法的に整備することは可能ではないでしょうか。
korehakuchikomi