経験上、総量規制は必要だと思います。

私は、独身の時に一時キャッシングにはまってしまったことがあります。

けっこう気軽にお金が消費者金融から借りられてしまうので、実際に自分の手元にお金がないのにも関わらずに、気が大きくなってしまってどんどん借りて遊びや旅行やブランドバッグに消えていました。

貸金業法で総量規制が導入されたため、年収の3分の1までしか借り入れができないのでお金が借りられなくなってしまいました。
制限いっぱいまで借り入れしてしてしまっていたのです。

正社員で働いていたものの、返済額がすごく膨らんでしまい、最終的には自分の力では返済できずに両親に相談してお金を貸してもらい返済にあてました。
それ以来ものすごく反省して、両親にきちんと返済して、貯金もするようになれましたが、あの時もっと借り入れをできる制度だったとしたらさらに借金を重ねていたに違いありません。

お金を借り入れする人の中には、私のように自分の欲望のためにではなく、致し方なく借り入れをする人もいるのでしょうが、やはりさらなる借金地獄に陥ってしまうことを考えると、規制することは重要だと思います。

銀行は総量規制の対象外になるということですから、ある意味、セーフティネットも用意されているのではないでしょうか?