多重債務を防ぐという点では意味ありだけど・・・

総量規制は、多重債務を防ぐという点では意味のある規制だとは思います。銀行は総量規制対象外で抜け道も用意されていますし。ただし、問題はそう簡単なものでもない気がします。なぜかと言いますと、借りられる額が大幅に減ってしまう利用者も相当数いると思うからです。

減った分がどこからか補填されるなり、突然給与がアップすりなりすれば問題ないのですが、そんな訳はありませんから、どこかから調達する必要が出てくるのです。

総量規制で貸金業者からはもう借りられませんし、そうなると総量規制対象外の銀行ローンを利用する他ありません。しかし、一般的に銀行の審査は厳しいと言いますし、必ず融資してもらえるとは限りません。
そうなるともうお手上げです。生活が破綻してしまう可能性があります。もしかしたら、いわゆる闇金に手を出してしまう人もいるかも知れません。どういう悲劇が待ち構えているかは言うまでもないでしょう。
このように総量規制は、多くの問題を含んだものだと思います。もう少し段階的に適用すべきだったのではないかと思うのです。

銀行は総量規制対象外なんだし、必要では?

総量規制 対象外があるんですね。銀行とか農協とか。
それなら借りるお金の制限は必要だと思います。

更にいうなら借金を繰り返してしまう人のためにも規制が必要だと思います。年収の3分の1でも3回借りれば年収分です。1年に何回までしか借りられないとか、年間の借りられる限度額も設定するなどの規制があると良いです。

ギャンブルにはまってしまう人はいわゆる病気です。自己責任とは言いますが、自分ではどうにもならないからこそ、借金地獄になるまで借りてしまうのです。ギャンブルでなくても贅沢がやめられなくて、つい借金をしてしまう人もいます。こういう人も精神的に病を抱えていると思います。

家族が止めるのももちろんですが、社会もそういった人達のために抑止力になるべきだと思います。
個人的には年収の3分の1でも多いのではないかという印象です。給料が低い人にとっては4ヶ月分の給料でも返済にあてられたら致命的なことになるのではないでしょうか。
借金を返せる能力がある人が借りるのは問題ありませんが、それを判断する基準が緩いのは問題ですね。

総量規制は妥当では?

わたしの意見としては、制限は妥当であるとおもいます。年収・所得に応じて、制限があるのは、むしろ良心的なのではないでしょうか。

制限なしに借りることができてしまうと、結局はあとで返済に困ることになるのは本人になるわけですから。いくらでも借りられるとおもうと、あとでなんとかなるだろうと安易な考えで、借りてしまうかたもいらっしゃるかもしれませんし。

また、もしそんなにまでしてお金を借りなければ、生きていけない、生計を立てられないというのであれば、それはむしろ消費者金融に頼るべきではなく、自治体などの公共の機関を頼るべきです。とりあえずそこまではしたくないから、消費者金融でたくさん借りて自己破産状態になったかたを身近で知っています。そんなことにならないように、ある程度の制限を設けるのは当然のことではないでしょうか。

また、もし制限がない場合、本人と偽って借りるという犯罪も決して不可能ではないとは言い切れません。そういった危険性から守るためにも、制限はあってしかるべきだとわたしはおもいます。

規制はない方が良い

規制はない方が良いと思います。

信販会社や消費者金融の判断で、年収の1/3を超える融資をしても良いのではないかと思います。
その理由は、結局年収の1/3以上借りようとする人と言うのは、お金に困っている人です。
ですから、どうにかしてお金を作ろうと思うのです。
そのために、どういう事をするかと言うと闇金でお金を借りたり、クレジットカードの現金化をしてしまったり、自動車担保ローンで借りたりと言うように、消費者金融や信販会社で借りるよりも高リスクであり、高金利であるお金の借り方をするのです。

つまりは、お金を必要な人と言うのは消費者金融でそれ以上借りる事が出来ないからと言って、お金を借りないと言う事にはなりません。
消費者金融でお金を借りる事が出来なくなった、総量規制に引っ掛かったと言うところでお金を借りるのをストップできる人と言うのは、総量規制がなくてもそこでストップ出来る人なのです。
ですから、総量規制がある事によってたくさんお金を借りたいと言う人のリスクを増やしているだけだと思います。

総量規制はむしろ遅すぎ。

消費者金融などの高利子の民間融資への規制は当然だと思い、むしろ遅すぎたと言っても過言ではないと、わたし個人は考えています。

年収が低い人ほど高利貸しの金融機関から借り入れるのは、古今東西世の常です。その先に待っているのは自己破産であったり、あるいは多重債務であったりして、「破滅」の二文字しか思い浮かびません。

かつては高利貸しの悪質な取り立てがマスメディアで盛んに問題視された経緯があり、そのために規制が設けられたと聞きます。至極当然なことでしょう。上記のような破滅は借りた側は勿論の事、貸した金融機関側も取り立てができなくなると言う現象が起こり得ます。つまり双方にデメリットしか生まないのです。

所得の低い人は低いなりの理由があります。とりわけ計画性があまりありません。だから低所得のままなのです。そんな人たちを狙った金の貸し借りは時代錯誤としか言いようがありません。
重ねて述べますが、規制は当然だと思います。むしろもっと規制を強化するべきだと思います。

当時の法律がすべて悪かった

消費者金融での借入やクレジットカードでキャッシングに対して
総量規制という貸金業法という法律が設けられました。
これは年収を算出し、その年収の3分の1を貸出の枠に
規制するというものです。

私は総量規制によって消費者金融はどんどん無くなっていくと思います。
以前はアルバイトの方や低所得の方でも
返済を滞ることがなければ限度額の増額を消費者金融のほうから
勧誘してくるといったやり方をしていました。
もちろん法律の傘で守られていましたから
どんどん貸し出して高い利息で儲けていたんですね。
借入額が増えて多重債務・自己破産に陥ってしまうケースを
消費者金融側でもわかっていたはずです。
それでもどんどん貸し出すというのは、
やはり法律を傘に儲けに走ったからではないでしょうか。

しかし、過払い請求の件で消費者金融に悪い印象を持つ方が
増えたかもしれませんが、私はそうは思いません。
そのときの法律に則っていましたし、
利息も貸し出す際に合意の上で借りたはずです。
私は当時の法律がすべて悪かったと思います。

借り入れ額を規制するのは仕方がない

私は法律によってある程度お金を借りられる額を規制するのは仕方がないことだと思います。
特に消費者金融でお金を借りるというのは銀行などと違って利息が高い場合が多いです。
そこから、お金に困った人が無尽蔵にお金を借りれるというのは問題があると思います。

例えば銀行とかでしたら、担保を取って低い金利でお金を貸してくれるので返済も十分可能なケースが多いと思います。仮に返済ができなかったとしても担保を差し押さえられるだけで終わりますから被害も最小限で済むと言えます。

ですが、消費者禁金融の場合はそうはいきません。消費者金融でお金を借りる際には担保などはいりません。
でもその代わりに高い金利が要求されます。こういう環境下総量規制をなくしてしまったら、それこそ返せなくなった時に金利の返済だけでとんでもないことになりかねないです。

ですので、私は消費者金融でお金を借りられる額を規制するのはある程度容認せざるを得ないと考えます。