「グレーゾーン」はどうなった?

最近、もてはやされている「アベノミクス」効果によって景気のいいのは一部の人で、相変わらず苦しい生活を強いられている庶民にとっては、クレジットカードのキャッシングやカードローンは大変に助かる。

普通、カードのショッピング枠は使えば使うほど実績ができると増額の案内が届くのだが、殊カードローンに関しては使えば使うほど規制がかかるような気がしてならない。カードローンにはリボ払いがあるのだから、借入残高が年収の3分の1を越えたとしても返済者にとっては月々返済額が楽になりトータルの返済額が増えたとしても、ヤミ金などへ走ることはないのではないだろうか?

その割に、最近弁護士が今まで払いすぎた利息を取り戻せますとCMをしていることに疑問を抱くのである。本当に債務者を助けるのなら、その前に「グレーゾーン」と呼ばれる利息を扱う法律の改正などに着手してほしいものです。あともうひとつ言わせてもらえば、金融機関が消費者金融の株主になっていて、お金を貸しているのは、何か違うような気がしてならない。金融業界の政界への力によって、優遇されているように思える。

制限を設けてしまえばそれらの意味は半減


私の意見としては、実際消費者金融やキャッシング枠からお金を借りるという事は借りなければならないほど、生活に窮しているのだと思います。使用する側にとっては後々の借金どうのこうの言っていられないほど使用しなくてはならない状態なのではないでしょうか?なので総量規制は必要ないように思います。規制してしまうとそれで困っているのに、そういう人はどこからお金を出してくればいいのでしょうか?

もちろん借りる側には責任が問われます。総量規制がなければお金を借りるのはいいですが、後々借金まみれになることも覚悟しなくてはなりません。なのでそこだけは、厳密に、使用用途を聞いた上で、かつ詳細にリスクの説明を行った上で貸せば問題ないと思います。また、お金の使用用途に一定の条件を設けた上で貸すというのもいい方法だと思います。借りた者はそれらの条件をのんで借りる訳ですから、後で多重債務者になっても仕方がないですし、返す覚悟の上で借りる筈です。
消費者金融とは急にお金が必要な時に利用するもので、制限を設けてしまえばそれらの意味は半減してしまうように思えます。

融資の規制はかけた方がいい

キャッシングって今は結構気軽に出来ますよね。
特に銀行系のクレジットカードも簡単に発行されますし。
ただクレジットカードって使った気にならないから、今月いくら使ったとか把握出来ないままどんどん支払いが溜まっていく感じだと思います。

そして支払いが大変になってきて、慌てて別のクレジットカードを申し込んでそこからお金を借りて支払いをするみたいな自転車操業的な支払いをしている人も多いと思います。

ただどうしても今月数万円だけ足りないとかいう事で一時的に借りるのならばその人の裁量でなんとかなるとは思いますが、やはり一回キャッシングをしてしまうと次借りる時の気持ちの敷居が低くなってしまうのも事実です。

これが消費者金融のキャッシングだと気持ち的にセーブがかかるのではないかと思いますが、実際は発行されている方も多いと思います。

どちらのタイプもやはりお金を借りるという事は自分の生活規模よりも大きくなっているという事に気がつかない限りどんどん借り続ける事になるとおもいます。
という事はどちらのカードも融資の規制はかけた方がいいと思います。

年収の3分の1とは言わずにどのカードにも限度額を低めに抑えたりという事も必要だと思います。

年収の3分の1までというラインは至極適正


人間生きていれば突然のアクシデントに見舞われることもあると思います。
それが自分の引き起こしたことでも、誰かの尻拭いであっても責任は取らなければいけない場面がやってきます。
簡単に済むことであれば心配しすぎることはありませんが、これに御金が絡んでくると非常にやっかいです。
またこのようなことは経済的に余裕のない時にタイミング悪く起こることが多いような気がします。
頼る人もあてもなく色々と考えた挙句、最終的に利用するのがアコムなどの消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠からの借金。
事実私も学生で一人暮らしの時に生活費に困りクレジットカードのキャッシングを利用したことがあります。
その頃は借金という事実が怖く、アルバイトの給料が出てすぐに全額返済しに行ったことを今でも覚えています。

しかし私のように借金に危機感を持つ人間もいれば逆の感性をもつ人間もいて然り。
キャッシング枠の金額を自分の貯金のように考える人もいます。
事実知人にいました。

「ご融資可能枠が20万円から50万円に増額されました」との消費者金融からのメールを見て、
次に何を買おうか楽しそうに考えている知人の姿を見て驚愕しました。
そのような借金を自分の財産と考える人間が多いのか、賃金業法により総量規制がなされました。

私はこれには全面的に賛成です。
この規制は銀行融資は規制の対象外ですので、自営業などで資金繰りに苦しんでいる方等ではなく
先の知人のように簡単に借金を繰り返す方が対象になっているのではないかと考えるからです。
このような方はすでに理性での抑制が利かなくなって麻痺しているので、誰かが規制を掛けて止めなければ、消費者金融にとどまらず闇金、親戚知人への借金へと堕ちていってしまう恐れがあります。

なので借り入れは年収の3分の1までというラインは至極適正であり、本人の意識を変えるきっかけにもなるのではないかと考えます。