今のところおおむね賛成~総量規制口コミ


貸金業法の改正の中でも、特に総量規制については意見が分かれるところではないでしょうか。それぞれの立場で、賛否両論があるのは当然のことだと思われます。

そういう私はというと、総量規制については、今のところおおむね賛成の意見を持っています。
理由としては、総量規制によって歯止めがきき、収入に見合わない借金をすることもなく、多重債務に陥って返済できなくなり借金地獄に陥るということもなくなるのではないかと思われるからです。

いち個人については、総量規制は有効だとは思います。しかしながら、中小零細企業の立場で考えると悩ましい面もあるのではないでしょうか。
たとえば、取引先が倒産して売掛金が回収できないような事態や、下請けいじめによって支払い遅延が発生したりしたときなどに、何がなんでも従業員さんの給料や仕入先への代金を支払おうとして、銀行に融資を頼んだけれども断られ、仕方なく消費者金融やキャッシングに頼らざるを得ないというケースもあるのではないでしょうか。
そのときに、総量規制があるがために、従業員さんに給料を全額払えなくなってしまったり、仕入先に支払えなくなってしまったりしてしまうようなケースもあるのではないでしょうか。

そう考えると、総量規制というのは、一時的に困っている中小零細企業であっても、銀行や国などから融資をしてもらえるという前提の上に成り立つもののようにも感じています。
そうでなければ、従業員さんや仕入先への支払いを必死で行おうとするまじめな中小零細企業は救われないように思います。

また、総量規制は貸金業法で規制されているため、割賦販売法の範疇であるクレジットカードによるショッピングは規制されませんよね。
買い物依存症に陥って、複数のクレジットカードで買い物をしまくってしまって、身を滅ぼした人の話も耳にしたことがあるため、こちらを先に規制したほうが良かったようにも思えます。

借金には金融センスが必要~総量規制口コミ


借金と言うのは本来、かなりの金融センスが必要な行為であり、家計簿などをこまめにつける習慣のある人、あるいはどうしても必要な出費がありやむおえずするものだと思います。

しかし、実際は多くの消費者金融利用者は「なんとなく」借りていたり、使い道もパチンコなどのギャンブルに充てていることが多いようです。

「いや ギャンブルなんてしていない、生活費を借りた」という人もこの「なんとなく」に含まれます。というのは、そもそも月自分がいくら借りて、何回でいくらづつ返すシュミレーションもないままに借りることが多いからです。

「自分はいくら借りれるのか」は気にしても「自分はいくら返せるのか」計算できない人が借りている、という実態がまずあります。

消費者金融としても、貸しほしい、と頼まれて貸して、何故責められるのか、といったところですが、そもそも家計簿などつけるタイプは消費者金融で借りないので、上記のような破綻傾向のある、ハイリスクタイプが借りることになるため、規制は絶対に必要だと考えます。

総量規制はいい事~総量規制口コミ

年収の三分の一までしか、借り入れができない、総量規制はいい事だと思います。
確かに、お金を借りたい人達にも事情はあるだろうし、たくさんのお金が必要なのはわかるのですがでも返すあてはあるのでしょうか。

たくさん借りてもそれを返済するために、また苦労をしなくてはいけません。
自分で自分の首を絞めるようなものです。
だったら法律で規制して、借り入れる金額を決めてしまったほうがいいと思います。
お金はおくらあっても足りません。
でもそんなにたくさん借りても、先が見えているのです。

とても苦しい生活が見えています。
規制をしたほうが、生活も引き締めてできるしちゃんと計画をたてて生活ができると思うのです。
借りる金額もほどほどにしないと、いつまでたっても借金生活から逃れる事ができないのです。
この総量規制には、賛否両論あると思います。
絶対にこれだという答えは出ないでしょうが、できれば借金はしないほうがいいので私はいい事だと思うのです。