初めてのカードローン ネット申し込み

大手銀行のA社でカードローンを組もうと思ってインターネットで申し込みをしてみました。
キャッシングは他のところでも何度かありますが、カードローンの方が金利が安いと友達から聞きました。
もうカードローンを使わないと生活がまわりません。
銀行は総量規制の対象から外れているので、その点は安心して申し込めます。

しかし、昔から考えるとネットで申し込めるというのは、すごい世の中になったんだなと思います。
お店に行かなくてもいいというのは、楽だし、店とか無人くんとか何か悪いことしてるみたいにこそこそ行くってイメージだったので。

ネットで必要なことを書きましたが、それも意外と項目が少なかったという印象でした。いわゆる事前登録みたいな感じでしょうか。
それから1時間もかからずに連絡をもらいました。免許証とかをFAXして、手続きが終わりました。
返すのもコンビニからでもいいというのは便利です。
コンビニの店員さんに「この人、借りているんだな。」と思われるのは恥ずかしいですが、働いてたら返しに行く時間もないですから、やはり便利です。
もう1社申し込んでみようかなと思っています。

お金を借りるということ

 お金を借りる人はお金を借りることで、仕事に張り合いが出るから借金すると言う人はいい。こちらには全く害はない。その人は借金を返すために頑張るのみ。

 お金を借りてかえせなくなる人が困るのである。簡単にカードで現金が手に入るので、後のこと、つまり返済のことを考えないで借りる人がいる。そういう人は、その借金をまた別な所から借りて返すという事になると借金スパイラルになり、身近かな人に、お金を貸してくれと頼むようになる。

少しでもいいから、と言われるとこっちが困ってしまう。金の切れ目は縁の切れ目というが、私は貸さないようにしている。お金を貸したら最後、お金は100%戻ってこない。捨てるつもりで金を貸して、本人は全然反省していないかのようである。

 私は借金をしない。大きな買い物をする時は、月々の支払いを考えるのは当然だ。若い30くらいの人が何千万もの家を建てるのを見て、すごいなあ、勇気あるなあ、と私は思ってしまう。いまだに借家暮らしだ。今車の支払いも大学で借りていた奨学金も返し終わりほっとしている。借金がないと気も楽だ。

総量規制などの法律も、やはり身の程をわきまえない状況に陥る人を救い出すという視点で見れば、必要なことではないだろうか?

安易に謝金を繰り返さないために

私は、総量規制には賛成です。
キャッシングのサービスそれ事態には良い点もあると思います。
でも、それがあまりにも安易になりすぎることによって、弊害も発生していると思うのです。

例えば、人がキャッシングをするようになるメカニズムですが、簡単に言うとお金が足りないので借りると言うことですよね。
もし、ここでクレジットカードが無かったり、キャッシングの無人借入機がなければ、どうするつもりなのでしょうか。

キャッシングできない状況になるならば、自分の生活を見直したり、お金がたまるまで、買うのを我慢すると言う良い方向へ人を促すきっかけになるかもしれません。

キャッシングをしてすぐに返済できればいいのですが、安易にキャッシングを繰り返したがために、多重債務に陥ったり、まだ若いのに債務整理をしたり自己破産をするハメになった人もいるのです。

そのような事になれば、社会人としての信用が失墜し、クレジットカードが作れなくなったり、車や家のローンが組めなくなったり、将来的にも沢山の弊害が出てしまうことは間違いありません。

安易に謝金を繰り返さないためにも、借金をするにも資格が必要であることと、無限に他人の金を借りることは出来ないのだということを、借り手にも理解できるように総量規制を儲けることは良いことだとおもいます。

就活準備に役立つカードローン

私は大学に通う就活中の女子です。先日、カードローン(銀行)の申し込みをしました。

入学と同時に上京し寮生活が始まった為、学業とアルバイトに忙しく運転免許を取りに行く時間も無く気づいたら3年生になっていました。
しかし就職活動をするにあたって普通免許くらい取っておかないとだめだよと周囲にも諭され、今回頑張って通うことに決めたんです。
と、そこまでは良かったのですが困ったことは教習所代の捻出でした。

学費や生活費を出してくれている両親にこれ以上負担をかけたくないし、かといって25万円相当の現金を一括で払える余裕もないのが現状でした。
そんな時友人のアドバイスで、今は学生でもカードローンを作れることを知り審査を受けることにしたんです。

自動車教習所が提携しているローンもあると聞いたのですが、カードローンを作っておけばこれから先も急な出費に備えれたら安心だなって思いました。

学生でも受け付けてくれる会社、それも銀行だったのでこんなにすんなりと利用できていいんだろうかと疑心暗鬼になったくらいです(笑)

聞くところによると、銀行のカードローンは総量規制という法律の対象外になっているらしく、今人気なんだそうです。
私はそういう規制に関係なく借りられてホッとしましたが、将来的にも、借りすぎには十分注意したいと思っています。

資金の半分以上はアルバイトで捻出できていたので、残りの10万円ほどをカードローンで借りることができました。

頑張って教習所に通う日々です。