カードローンは不安だけど助かる

今日、銀行でカードローンの申し込みをしてきました。まとまったお金が必要になったのでやむを得ずです。

消費者金融などの金融機関だと結構ヤクザのイメージが強いですし、総量規制という規制の影響で審査が厳しいという話を聞いていたのですが、銀行ならその点は安心ですね。

実際に行ってみると、凄く丁寧で綺麗な女性の受付の方が話を聞いてくれて、安心してカードローンを申し込む事が出来ました。

用意された書類に住所や名前を書き、お金が必要な経緯を話し、トータル1時間くらいで手続きが終わりました。

取り合えず最初に私は30万円の借り入れを申し出る事にしました。会社の運営が上手く行かなくなり、どうしてもこの位無いと、取引先へお金を返すことが出来ないのです。もちろん、申込みは生活費ということにしておきました。

まだ返済の目処は経っていませんが、分割返済なので幾分助かっています。

総量規制について

色んな事情で消費者金融やクレジットカードのキャッシングからお金を借り入れる人がいる訳で、簡単に良いとか悪いとか言えないのですが、ただ遊ぶだけの為に消費者金融やクレジットカードのキャッシングからお金を借り入れると言うのなら、別に規制しなくてもいいのではないかと思います。

真面目に働き、コツコツと生きてきて、自分のせいではなく人や世の中のせいで、どうしてもお金が必要になって、そのお金がなければ命を落としてしまうと言う人でなければ、全部自分の責任ですればいい事で、何も国が、他の人がその人の心配をしなくてもいいのではないかと思います。

勝手に崖っぷちに立ち、「そこは危ないから行っちゃあダメ」と言われているのに「俺はこのスリルがたまらないんだ」と言いながら崖っぷちではしゃぎ遊び、そして落ちてしまい、けがだけならまだしも、死んでしまうような人に、立派な柵を作ってあげる必要があるのか、と言う事だと思います。

大人になったら、何事でも自分の判断で生かせてあげなければ、いつまでも子供おとなが増えるだけの日本になってしまうと思います。