借金と誘惑と限度

何故、借金してしまうのか考えたことはあるでしょうか。お金が足りないからや現金を使いたくないから等々、理由は様々だと思います。けれど、これらに共通して言えることは甘えです。お金を貸してくれる人がいる。ただそれだけの事に思えますが、そこに人は必ず甘えてしまいます。お金を借りられると言う現実が借金と言う誘惑を生むのです。

この誘惑はなくなることはありません。何故ならば、世間はこの誘惑が良いと判断しているからです。誘惑がなくならない世の中で借金をしない為には、誘惑に負けない自分でいるしかないのです。

お腹がすいている時、夕飯まで我慢出来ずに食べる摘み食いはとても美味しいです。

けれど、摘み食いをしすぎては夕飯が食べれなくなってしまいます。借金も同じです。給料日まで我慢出来ず、少しくらいならと思ってするのなら取り返しはつきます。ですが、給料日までに多くの借金を積み重ねてしまっては取り返しがつかなくなります。限度と言うものを理解した上で借金を利用出来れば、それは良いことです。限度を知らなければ逆に借金に飲み込まれてしまいます。

これが、借金を積み重ねない為に覚えておいて欲しいことです。限度は、人それぞれ違います。将来的にみても、何の支障もなく借金を返せる自信がある所までです。ぎりぎり返せるどうかでは、すでに限度を越えているのです。借金で言う限度とは、限界ではなく余裕を持てるかどうかなのです。

余裕を持って借金をするのならば、困る事はないでしょう。借金は一概に悪いとは言えませんが、現実的に無理であり過度な借金は良くないのです。借金を返す為に借金をする、つまり借金に追われることになった時、家族や友達から借金をすることになるでしょう。

その時、借金を返す為に借金をする人に借金を返すことは出来るでしょうか。自分の不本意な借金から家族や友達までも巻き込む事になるのです。借金をした時は、ほんの些細な幸せを感じるかもしれません。ですが、その為に大切なものを失うことは幸せとは言いません。

袋は一杯にならぬうちに縛れ。

と、ことわざにもあるように欲張ることは良くないのです。借金とは現金が増えるわけではありません、欲張っても増えるのは現金ではなく借金です。限度をわきまえると言うことをしっかり心に刻んでいれば借金を積み重ねてしまうこともないでしょう。借金を積み重ねない為には、心を鍛えなければなりません。

心を強くすることが、借金を積み重ねない為に一番重要なことなのです。

新しくローンを組みなおす。

総量規制対象外のカードローンで、 複数の借金を借り換えする際におすすめの銀行では大手銀行やネット銀行などがあります。
借り換えは金利面について大きなメリットをもたらすということです。複数の会社から借りているとその金利もばらばらです。ローンを比較的金利のやすい会社でひとつにまとめるといままで払っていた利息分を大きく下回ってくるということがあります。
それで、銀行のカードローンは「総量規制の対象外」であるということや消費者金融などに比べてもかなり金利も低いということがあって利用者には大きなメリットとなります。
この方法は毎月の返済が苦しいと感じている人におすすめです。いままでの数社からの借金を新たに金利の低い銀行などから借りて返済するという方法で、現在よりも無理のない返済プランにすることでかなり生活が楽になってくるということです。
複数の金融期間から融資を受けている場合、金利の安いローンは審査が厳しくて新しいローンを組むことは審査上で不利になります。そこで、複数に分散しているローンの金額を合計することで、融資額が大きくなるということから金利が安くなってくることがあります。それがおまとめローンのおすすめの理由です。
ほかにも新しくローンを組み直すことで、返済計画を見直すこともできることもあって、預金管理や残債などの管理などの手間を省けるというのがローンを1本にまとめることのメリットとなります。
給料日前のお金がない場合の急な出費など、カードローンによるキャッシングがあればとても助かるということがあります。また、公共料金などの引き落としにも、残額不足の場合であればカードローンから借入を行えるという機能があるものもあります。
それで、銀行のカードローンとしては借り入れ金額の上限は10万円から50万円というのが一般的ですが、契約によっては300万円や500万円という上限を設定できるものがあるということです。

金利が高くなってしまった場合の最終手段

総量規制対象外の銀行で複数のカードを借り換えして1本化するメリットというものは、まとめることでグンと金利が低くなる可能性があるということです。

カードローンを複数借りているとどうしても「金利」ということでは高くなってしまいがちで、しかも100万円以下の少額融資を複数の金融機関から繰り返し借りている場合には、かなり高めの金利設定になっているということですね。そのまま放置しているだけでも「返せど返せど借金は減らない」という悪循環に陥ってしまうということです。

数字を見るだけでは、大きな額とは感じることが少ないですが、長い目で見ると「大きな金利差」になってしまっているというものです。それをまとめて1本化することでは「金利が低くなる」ということもありますが、「返済の手間が軽減」することがあるので精神的にも大変に楽になるというメリットがあります。

それで、カードローンを1本化するということは「金利の統一」ができるということでもあって、カードローン会社によっては微妙な金利差が生じていて、高いところもあれば低い金利のところもあります。これを低いところに統一することで返済に必要な金額を減らすことができるということです。それでカードローンの1本化を考える場合、限度額が大きく利子の低いところでなければいけません。

カードローンの1本化商品を扱っている金融期間は大変多いということもありますが、多くの金融機関が返済しやすくするために従来よりも審査基準を緩めに貸し付けているところが多いということです。

また、支払いの負担が軽くなってきているということはあっても、大金を長期間借りているということには変わりありません。その場合、泥沼に陥ることのないように「最終手段」として利用することを忘れないということです。

銀行なのに即日融資

総量規制対象外の銀行のカードでは、即日審査は増えてきたということはありますが、「即日利用」ということは非常に難しくなっているということがいえます。それで銀行のカードローンを利用する場合、キャッシング付きのカードが必要でそれも申し込んでから1~2週間程度の時間がかかってしまうということがあります。
しかし、最近のカードローンでは「即日融資」ということも可能になった銀行もあります。
多くのカードローンが総量規制で年収の1/3以上の借入ができなくなってしまいましたが、銀行のカードローンは総量規制対象外とされています。

初回無利息キャンペーン

レイクは総量規制の対象外になっていますが、それは新生銀行のカードローンになったためであるということです。

2011年の10月から新生フィナンシャルカードローンとして生まれ変わっています。それで、新生銀行が運営するものということで、銀行法が適用されるようになりました。

新生フィナンシャルカードローンは、新生銀行がレイクとして行なっていた消費者金融事業の店舗や自動契約機を事業譲渡という方法で受け取ったもので、新生銀行の商品のひとつとして事業展開することとなったというものです。

しかし、いくら総量規制の対象外であるといっても、誰でもお金を借りれるというわけでもありません。それで、銀行カードローンとしてのレイクの審査は通常通り行われるし、年収の3分の1以下の借入れ申しこみの場合でも、審査に通るかどうかは審査してみないとわかりません。

しかし、限度額ということでは以前よりもパワーアップしているということがあって、安心感が違うというイメージを受けることもあります。最低金利も9.0%から4.5% まで大幅ダウンしたということもあります。

また、レイクはもともと限度額に応じた金利設定ということもあって、たとえば50万円の融資を受けた場合には、15.0%~18.0%の金利が適応されるということがありますが、実際の場合審査を受けた場合には金利が何%になるかは変ってくるということです。

そしてレイクでは30日間無利息や、5万円までの180日無利息ということも継続されています。

また、いままでは初回無利息キャンペーンを利用する人が多かったということがありますが、これからは長期の中口キャッシングの利用者も増えていくことが見込まれるということです。

銀行の審査は厳しい?

総量規制では銀行系のカードローンは総量規制対象外になるということです。それで銀行以外の消費者金融などでお金を借りている人でも銀行系のローンに1本化することで総量規制対象外になります。
ノンバンク系で借り入れが年収の3分の1を超えている人や3分の1を超えそうな人には銀行系カードローンに乗り換えることがおすすめです。
総量規制とは借りすぎや貸しすぎを防ぐために2010年から施行された新しい規制です。総量規制の対象となる人は、年収の3分の1以上の借り入れをしている人や、アコムやプロミスなどでキャッシングをしている人です。その対象では「銀行以外からの借り入れが年収の3分の1以上ある個人」では新規の借り入れができないということがあります。
しかし、「銀行系のカードローン」は総量規制対象外ということがあります。銀行系以外の消費者金融でお金を借りている人でも銀行系のカードローンにすることで総量規制対象外になるということです。
総量規制とは、貸金業法の中にある総量規制となっていて貸金業者のみが受ける法律となっています。貸金業者とは消費者金融・クレジット会社のキャッシング・信販会社のキャッシングとなっていてノンバンクに適用されています。逆に銀行・信用金庫・労働金庫・郵便局・農協などは貸金業者ではないことから年収の1/3の借り入れを禁止とした総量規制に関しても対象外になるということです。
また、銀行の審査は厳しいというイメージがありますが、一昔前では消費者金融で借りられない人が銀行で借り入れできる可能性はかなったのですが、最近では昔よりもずっと身近で融資の割合も高くなってきているということが言えるということです。

所得制限がかかる法律

「総量規制」とは、改正貸金業法によって2010年に施行されたことで導入された法律です。それは年収に応じて年収の3/1以上の借入れができないという法律です。
それまでは、消費者としては複数申し込むこともできて、カードも何枚ももっている人が多く、融資額ということや所得制限ということもなかったのでいくらでも借りることができたということがあります。
全員が正社員で働いていた時代には、毎月の返済もボーナス払いを併用してマイホームやマンション購入でも長期的な返済をする人たちが多いということがありました。
しかし、派遣やパートなどの雇用が増えてきたということで、正社員でもボーナスカットやリストラということが多くなってきたということです。そのため正社員で働くことができずに派遣やバイトなどで働かなくてはいけない人が多くなったということがあります。
そのため今までボーナス目当てでローンを組んでいた人や給料が大幅に下がってしまった人などは毎月の返済が大きくのしかかってきて、借金で首が回らないという人たちが多くなってきてしまったということです。
また、収入のない専業主婦や無職の人などが複数の業者から借り入れを繰り返していて、多重債務や自己破産に陥ってしまうことも多くなったということもあり、年収を基準に借り入れを制限することを目的としているということです。
制限前は借金を返済できないことで銀行強盗やコンビニ強盗、借金苦からの自殺にまで陥ってしまう人たちなどがでてきて、そのため無理な借金ができないように所得制限がかかる法律ができたということです。