借りすぎを防ぐ

総量規制という法律が2010年から施行されたことがあります。それは多重債務などで借りすぎを防ぎ、借金を返せないという事態に陥らないようにするためのものだということです。

多重債務とは、複数の消費者金融や金融機関からの借入れを行なっていることで、2社以上の消費者金融などから借りている状態が多重債務ということです。

また、多重債務をしている人を多重債務者と呼びます。

多重債務の問題点とは、「他社の借入れの返済のために次々と借入れてしまう状態」ということがあって、何社からも借りていて利息が雪だるま式になっていくので、利息を返すだけでも厳しくなっている状態があるということです。

一度利用してしまうと自分の預金のような感覚で使ってしまうので、「借りては返す」ということを繰り返すことが多くなります。

しかし、借金がある程度まで膨らんでしまうと他社からの借入ができなくなってしまうということがあって、返済することができなくなってしまうということがあります。

バブル崩壊や長引く不況の影響で、収入が減少する人たちが増えてきて、社会的には、クレジットカードやサラ金というところから無人契約機などで気軽に借金ができるという背景もあります。それで、複数のクレジットや貸金業者などから借入れして返済が困難になっている人たちが多くなってきています。

多額債務者とは、「金額過多に陥っている」ということで、「本人の支払い能力を超えた借金をしている」という人のことをいいます。

また、それと同じような「多件数債務者」という件数過多に陥っている人を指しているものもあります。この場合、多額債務者は1社で100万円を借りているような人のことで、多件数債務者では、5社で20万円くらいずつを借り入れているような人のことをいいます。

多重債務に陥ると個人での解決が難しいということから、弁護士を介しての債務整理や裁判所による自己破産手続きを受けるケースが多くなってくるということがあります。

おまとめローンのお勧めの会社

中堅の建設会社に15年近く勤務しているサラリーマンの方が子供の教育費や認知症の親の介護のための必要資金を消費者金融系のカードでキャッシングしていました。

このような借金を重ねて来た結果、多重債務者に陥ってしましました。

家族に必要な生活費を差し引くと3社からのローン返済がきつくなって資金繰りに困るようになっていました。

家族には心配をかけたくないのですが内心は資金のやりくりに頭を痛めていました。

バラバラのカードローンの返済日が近づくと胃が痛くなって体調も優れなくなります。

悩んでいた時に、歯医者の待ち時間に置いてあった雑誌に銀行のカードローンの宣伝が目に入りました。

金利も借入限度額も他社のカードローンに比べて低金利で限度額も800万円まで可能性があるというのでインターネットで検索してオンラインで200万円の申込をしてみました。

3日ほどでOKの審査結果となりましたので、今までの消費者金融系のカードローンを全て返済して1本化できました。

月々の返済額が自分の給料から必要な生活費を差し引いた残りで返済できるようになり平生な生活を取り戻せました。

◆次のような理由でネットのカードローンはお勧めです。

・貸出限度額が500万~1200万円までありますので収入に応じた金額を申し込めます。

・金利が利用金額に応じて2.0%~15.0%あたりの低金利になっています。

・他社からの複数の借入を借り換えて、まとめて1本化することも出来ます。

・申込手続きもオンラインで簡単に出来ます。

・審査もスピディーに結果が出ます。

おまとめ1本化ローンのメリット

何らかの事情が有って複数の消費者金融系のカードローンで借金をして多重債務者になってしまった方がいます。

ある方の場合の例では、仕事の関係で親しくなったお得意様と、お付き合いで休日などにゴルフプレーに行くようになりました。

良い所を見せようとゴルフ会員のメンバーになって、おまけにゴルフセットやゴルフウエアなどを一揃い購入しました。

蓄えも無かったのでその時に初めて簡単に借りられると聞きましたので消費者金融系のカードローンで必要資金をキャッシングしてみました。

心配していたのですが想像したより簡単に審査も通って100万円を借りることが出来ました。

簡単に借りられたことに気を良くして何かの資金が必要になる度に数回に渡って20万、25万、10万と細かく借りました。

気がつくと5口で総額が200万円を超えるようになっていてバラバラに来る元利金の返済がきつく家族の生活費にも事欠くようになって困っていました。

そんな折に、ゴルフ仲間から銀行系のカードローンで今までの複数の借入をまとめて借り変えたら返済が楽になるという話を聞きました。

直ぐにインターネットで調べたら某大手銀行のカードローンが審査も早く最高500万円まで借入できる事が分かりました。

しかも、オンラインで申込から審査などの手続きが出来るということですので早速250万円を申し込んで見ました。

お陰で審査にもパスできて全額借りれることが出来て今までの借入と比べたら低金利になりました。

毎月の返済額が大幅に減額できたので給料日に合わせて無理なく返済出来るようになり助かりました。

総量規制によって、年収の3分の1しか借り入れができなくなった

平成18年に従来の貸金業規制法が改正されて、新しく貸金業法が設立されました。
貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者、及び貸金業者からの借り入れについて定めている法律です。貸金業法の中に、利用者に大きく影響を与えるものとして「総量規制」があります。総量規制の一番大きな要点は、自分の年収の3分の1を超える金額のキャッシングができなくなったということです。
消費者金融からの借り入れのデータはすべて「指定信用情報機関」に集められ、消費者金融は指定信用情報機関を通して、利用者の借入残高を把握します。また、借り入れに対する管理も厳しくなり、消費者金融1社から50万円を超える金額を借り入れる場合、並びに他の消費者金融からの借入金額を合わせた合計額が100万円を超える場合は、「年収を証明する書類(源泉徴収票や確定申告書など)」を提出しなければなりません。なお、クレジットカードなどのキャッシングは総量規制の対象となっていますが、ショッピングは「割賦販売法」の適用を受けるため、総量規制対象外となっています。また、銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業者ではないので、貸金業法は適用されないため、金融機関に多額の借金があったとしても、総量規制の枠には加えられません。

総量規制での借り入れの制限

貸金業法の改正による総量規制で、貸金業者は、個人向け貸付けにおいて、貸付けが制限されましたということを聞きました。

そこで、貸金業法の改正による総量規制で、具体的にどのように借り入れが制限されたのかということについて調べてみました。

そこで、インターネットで調べてみたところ、あるサイトで、総量規制の例について紹介していました。

その総量規制の例を見てみると、自社からの貸付残高が50万円を超えて、貸金業者が貸付けを行う場合、または、複数の貸金業者からの貸付けの残高の合計が100万円を超えて、貸金業者が貸付けを行う場合には、利用者から収入を明らかにする書面を求めることになりましたということでした。

また、貸金業者によっては、このような場合に該当しない場合でも、審査のために、収入を明らかにする書面の提出を求められることも想定されますということでした。

また、具体例としては、例えば、既にAの貸金業者の借り入れが40万円、Bの貸金業者の借り入れが40万円、合計80万円の借り入れがある場合に、新たにCの貸金業者から30万円の借り入れを行う場合には、100万円を超え、残高合計が110万円となるので、Cの貸金業者から収入を明らかにする書面の提出が求められますということでした。

カードローンって便利ですね!

友人と海外旅行に行くことになりました!…が、ちょっとお金が足りません…。
先月体調を崩したこともあって残業があまりできませんでした。給料が少し安くなったので、見込んでいた額がたまりませんでした。
でも、せっかくみんなで旅行の予定を立てたのでどうしても行きたい!
お金の工面をするために、職場近くの銀行に行くことにしました。
銀行員の方に相談すると、その銀行カードローンを勧められました。カードローンって抵抗があったんですけど、社会人になると作る人も多いようで作ることにしました。
審査もクリアできたし、これで急な出費があるときはカードローンを利用することができます。
くれぐれも使いすぎないように気を付けて利用したいと思います。

(26歳・女性)

総量規制について調べてみました

最近、インターネットを見ていると、改正貸金業法の総量規制ということが紹介されていましたが、総量規制とはどのようなものか良く分かりませんでした。

そこで、総量規制について調べてみたところ、あるサイトで、総量規制とはということについて紹介していました。

そのサイトを見てみると、総量規制とは、個人の借り入れする総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されることということでした。

また、貸付けの契約には、個人向け保証、個人向け貸付け、法人向け保証け、法人向け貸付の4種類がありますが、総量規制の対象となるのは、個人向け貸付けのみで、法人向け貸付け、法人向け保証、個人向け保証については総量規制の対象にはなりませんということでした。

また、総量規制の対象となる個人向け貸付けは、個人がお金を借り入れる行為のことですが、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりませんということでした。

また、個人の顧客から、新たに貸付けの申し込みを受けた場合には、貸金業者は、他の貸金業者からの借入残高を調査するために、指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用しますということでした。

また、貸金業者が、50万円を超えて貸付けを行う場合や他の貸金業者を含めた貸付額の合計が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を証明する書類の提出を求めることになりますということでした。

彼女へのプレゼントに

付き合って5年以上たつ彼女がいます。社会人にもなったし、ちゃんとした誕生日プレゼントをあげたいと思っていたのですが、彼女の誕生日がある月に限って結婚式が二回も…。
しかも、両方とも遠くの地域である結婚式なので、交通費や二次会費用も合わせると軽く10万円以上になってしまいます。
これは何とかしないといけないと思い、カードローンについて調べてみることにしました。
テレビコマーシャルでお馴染みの消費者金融系のカードローンでもよかったのですが、総量規制という法律が気になったので、私は銀行のカードローンを選ぶことにしました。
何と言ってもメガバンクなので、安心感が違います。金利も少し安かったように思うので、話を聞いてすぐに契約を決めました。
上手にお金の工面をして、彼女のプレゼントを購入したいと思います。

新婚旅行!

結婚して、新婚旅行に行く予定です。が、思った以上に結婚式に費用が掛かってしまい、海外旅行に行く費用が足りません…。
結婚式の前後で会社から休みを長期間もらっているので、何とかこの期間中に海外旅行に行きたいのですが、どうしてもお金が足りません。
妻とも話し合った結果、銀行カードローンを利用することにしました。銀行系のカードローンのため、金利も安そうだと思ってこのカードローンを選ぶことにしました。

実際の契約は銀行の支店で行いました。自分の個人情報と、収入状況などを聞かれ審査の結果を待ちます。
審査も通過し、何とかカードローンを利用できるようになりました。
利用の限度額は70万円。使いすぎないように注意して上手に活用したいと思います。

結婚祝儀でお世話に・・・。

友人と職場の先輩、後輩の計三回、結婚式にお呼ばれする機会がありました。
安く見積もってもご祝儀だけで金額は9万円。しかも今月は車のボーナス払いの月も重なっていたので、出費がかなり多くなってしまいます。

親や友人に借りるわけにもいかないし、どうしようか悩んでいた時、インターネットで調べていたら銀行カードローンを見つけました!
テレビコマーシャルでもお馴染みですし、メガバンクという安心感もあったので、近くにある支店に行き、カードローンについて相談することに…。

銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われていますが、私の場合割とすんなり契約をすることができました。
おかげで結婚式ラッシュを乗り切ることができました。とても感謝しています。

(28歳・女性)