歯止めを利かせる為には必要なもの

sanseihantai年収の3分の1までしか借り入れが出来ないのは、借りる者にとって親切な規制ではないでしょうか。
際限無く借りられたとしても返せないのでは意味がない上にお金を貸す側にも最終的に迷惑がかかってしまうのではと思います。
お金は返す時だけでもなく借りる時にも計画性をもって実行すべきだと思うので、それの目安や手助けになりうる裁総量規制は良い制度だと思います。
総量規制にとらわれたくなければ銀行から融資を受けるという選択肢も残されているので、返せる予定や自信がある人はそちらから借り入れれば良いのです。
それぞれの経済状況と未来の収入を踏まえて各機関からお金を前借りするなら、歯止めを利かせる自制心が大切です。
それが無い人にとっては将来首が回らなくなって困ることの無いよう、必要な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制には賛成

sanseihantai基本的に総量規制には賛成です。

借金をする人の傾向として、さまざまな消費者金融からお金を借りてしまうことがあげられます。期日までに借金を返すために他の消費者金融から借りて返済しようとすれば、借金がふくれあがるに決まっています。

多重債務をすることになれば、最悪の場合、家の財産や銀行口座まで差し押さえられてしまう恐れもあり、そうなれば自己破産か個人再生といった債務整理をするしかなくなってしまいます。

ただし、総量規制をすることによって、生じるデメリットもあるように思います。何らかの事情で多額の借り入れが必要になった場合のときです。きちんとした返済計画もあるにもかかわらず借り入れができないというのはやはり不公平な感じがします。

したがって、今後は総量規制の例外的措置について考えていくべきだと思います。多重債務者を出さずに、しかも一部の借り入れを必要とする人も助けれるように法的に整備することは可能ではないでしょうか。
korehakuchikomi

お金の大切さをわかってほしいから総量規制賛成

sanseihantai私自身は消費者金融などの貸金業者からお金を借りた経験はありません。それどころか、信販会社のクレジットカードすら持ち歩いていません。
友人たちには不便だろうっていわれますが、あるモノの範囲内で生活するのが一番金銭的リスクのない生き方だと思いますので、今後もそういった類のものは利用することはないと思います。

そんな私ですが、一度だけ友人に期限を守ることを条件にお金を貸したことがあります。
どうしてもお金が足らなくなり、生活に支障がでるということでやむなく貸しました。生活に支障が出るくらいだからつつましやかに生活しているのだろうと思っていたのですが、友人は私から借りたお金で飲み歩いたりギャンブルをしたりしていたようです。
貸したお金は期限通りに戻ってきましたが、その経験から私は規制するべきだと考えます。

お金が借りられるというメリットに対して、総量規制が上限の規制というデメリットを前に出すことで、今一度、利用者が本当に借りていいのか再確認するキッカケの一つになってもらえたらと思います。少なからず、金額に規制が入ることで「お金の見方」に変化が現れる人もいると思います。

そもそもお金が簡単に借りられること自体に私は疑問がありますが、必要な人にとって便利であることなのは、理解しているつもりなので利用者に対して表立って否定はしません。

ただやはり簡単にお金が手元に入ることは「お金の価値観」を狂わせているのも事実だと思います。お金を稼ぐことの大変さが鈍ると抜け出せない人も沢山いるのでしょう。

そういう人が最終的にお金を大切にできるように変わっていけることを願って私は規制することに賛成します。お金は大切だからちょっとしか借りられないくらいで丁度いいんです。銀行を対象外にしているのも甘いなというくらいです。

korehakuchikomi

新たな問題が起きる前に銀行にも総量規制を。

sanseihantai総量規制はもともとは多重債務者の自殺が多発したことから始まったことであり、そのような悲惨な事例を防止する目的自体は非常に歓迎されます。生きていくうえでお金は非常に大切なものです。しかし、そのお金のせいで人生を自ら絶ってしまうという判断をさせてしまうのはやはり問題があると考えるからです。

ただやはりわかりにくいのは銀行のキャッシングは銀行が貸金業法の総量規制対象外として除かれていることです。普通、「年収の三分の一以上の借り入れはできなくなりますよ」と言われれば、銀行だろうがどこだろうが、問答無用でそうなると思うのではないでしょうか?しかしそうなってない。

おそらくは銀行はそんなに無茶に融資はしないだろうということが前提にあるのかもしれませんが、やはり不公平感は否めません。どこがやっているのか、だれがやっているのかではなく、お金を貸す、融資するという行為に対して総量規制は設けられるべきではないでしょうか?

確かに、銀行が貸し込んで多重債務者など問題が多発している気配は報道では感じられませんからそれはいいのかもしれません。まぁ、宣伝してないだけだろうっていう話もあるにはありますが、一時の消費者金融の宣伝っぷりはひどかったですからね。やりすぎたために集中的に規制をかけられたという部分はあるのかもしれません。

しかし、法律の規制をかけるならやはり平等感は必要であるでしょう。対象と対象外という抜け道を作っているのは解せません。

結局、言葉を換えたところで銀行のカードローンやその他の個人向けの融資というものは本質的には消費者金融の貸金と何ら変わることはないことは誰でもわかっていることです。何が違うのでしょうか?
昔なら金利の水準が大きく違ったりしていましたが、今では遜色ありません。

問題が収まっているようだから良いということはもちろんないのですから、問題が起きる前に規制をした方がいいのではと考えてしまいます。

korehakuchikomi

経験上、総量規制は必要だと思います。

私は、独身の時に一時キャッシングにはまってしまったことがあります。

けっこう気軽にお金が消費者金融から借りられてしまうので、実際に自分の手元にお金がないのにも関わらずに、気が大きくなってしまってどんどん借りて遊びや旅行やブランドバッグに消えていました。

貸金業法で総量規制が導入されたため、年収の3分の1までしか借り入れができないのでお金が借りられなくなってしまいました。
制限いっぱいまで借り入れしてしてしまっていたのです。

正社員で働いていたものの、返済額がすごく膨らんでしまい、最終的には自分の力では返済できずに両親に相談してお金を貸してもらい返済にあてました。
それ以来ものすごく反省して、両親にきちんと返済して、貯金もするようになれましたが、あの時もっと借り入れをできる制度だったとしたらさらに借金を重ねていたに違いありません。

お金を借り入れする人の中には、私のように自分の欲望のためにではなく、致し方なく借り入れをする人もいるのでしょうが、やはりさらなる借金地獄に陥ってしまうことを考えると、規制することは重要だと思います。

銀行は総量規制の対象外になるということですから、ある意味、セーフティネットも用意されているのではないでしょうか?

多重債務を防ぐという点では意味ありだけど・・・

総量規制は、多重債務を防ぐという点では意味のある規制だとは思います。銀行は総量規制対象外で抜け道も用意されていますし。ただし、問題はそう簡単なものでもない気がします。なぜかと言いますと、借りられる額が大幅に減ってしまう利用者も相当数いると思うからです。

減った分がどこからか補填されるなり、突然給与がアップすりなりすれば問題ないのですが、そんな訳はありませんから、どこかから調達する必要が出てくるのです。

総量規制で貸金業者からはもう借りられませんし、そうなると総量規制対象外の銀行ローンを利用する他ありません。しかし、一般的に銀行の審査は厳しいと言いますし、必ず融資してもらえるとは限りません。
そうなるともうお手上げです。生活が破綻してしまう可能性があります。もしかしたら、いわゆる闇金に手を出してしまう人もいるかも知れません。どういう悲劇が待ち構えているかは言うまでもないでしょう。
このように総量規制は、多くの問題を含んだものだと思います。もう少し段階的に適用すべきだったのではないかと思うのです。

銀行は総量規制対象外なんだし、必要では?

総量規制 対象外があるんですね。銀行とか農協とか。
それなら借りるお金の制限は必要だと思います。

更にいうなら借金を繰り返してしまう人のためにも規制が必要だと思います。年収の3分の1でも3回借りれば年収分です。1年に何回までしか借りられないとか、年間の借りられる限度額も設定するなどの規制があると良いです。

ギャンブルにはまってしまう人はいわゆる病気です。自己責任とは言いますが、自分ではどうにもならないからこそ、借金地獄になるまで借りてしまうのです。ギャンブルでなくても贅沢がやめられなくて、つい借金をしてしまう人もいます。こういう人も精神的に病を抱えていると思います。

家族が止めるのももちろんですが、社会もそういった人達のために抑止力になるべきだと思います。
個人的には年収の3分の1でも多いのではないかという印象です。給料が低い人にとっては4ヶ月分の給料でも返済にあてられたら致命的なことになるのではないでしょうか。
借金を返せる能力がある人が借りるのは問題ありませんが、それを判断する基準が緩いのは問題ですね。

総量規制は妥当では?

わたしの意見としては、制限は妥当であるとおもいます。年収・所得に応じて、制限があるのは、むしろ良心的なのではないでしょうか。

制限なしに借りることができてしまうと、結局はあとで返済に困ることになるのは本人になるわけですから。いくらでも借りられるとおもうと、あとでなんとかなるだろうと安易な考えで、借りてしまうかたもいらっしゃるかもしれませんし。

また、もしそんなにまでしてお金を借りなければ、生きていけない、生計を立てられないというのであれば、それはむしろ消費者金融に頼るべきではなく、自治体などの公共の機関を頼るべきです。とりあえずそこまではしたくないから、消費者金融でたくさん借りて自己破産状態になったかたを身近で知っています。そんなことにならないように、ある程度の制限を設けるのは当然のことではないでしょうか。

また、もし制限がない場合、本人と偽って借りるという犯罪も決して不可能ではないとは言い切れません。そういった危険性から守るためにも、制限はあってしかるべきだとわたしはおもいます。

規制はない方が良い

規制はない方が良いと思います。

信販会社や消費者金融の判断で、年収の1/3を超える融資をしても良いのではないかと思います。
その理由は、結局年収の1/3以上借りようとする人と言うのは、お金に困っている人です。
ですから、どうにかしてお金を作ろうと思うのです。
そのために、どういう事をするかと言うと闇金でお金を借りたり、クレジットカードの現金化をしてしまったり、自動車担保ローンで借りたりと言うように、消費者金融や信販会社で借りるよりも高リスクであり、高金利であるお金の借り方をするのです。

つまりは、お金を必要な人と言うのは消費者金融でそれ以上借りる事が出来ないからと言って、お金を借りないと言う事にはなりません。
消費者金融でお金を借りる事が出来なくなった、総量規制に引っ掛かったと言うところでお金を借りるのをストップできる人と言うのは、総量規制がなくてもそこでストップ出来る人なのです。
ですから、総量規制がある事によってたくさんお金を借りたいと言う人のリスクを増やしているだけだと思います。

総量規制はむしろ遅すぎ。

消費者金融などの高利子の民間融資への規制は当然だと思い、むしろ遅すぎたと言っても過言ではないと、わたし個人は考えています。

年収が低い人ほど高利貸しの金融機関から借り入れるのは、古今東西世の常です。その先に待っているのは自己破産であったり、あるいは多重債務であったりして、「破滅」の二文字しか思い浮かびません。

かつては高利貸しの悪質な取り立てがマスメディアで盛んに問題視された経緯があり、そのために規制が設けられたと聞きます。至極当然なことでしょう。上記のような破滅は借りた側は勿論の事、貸した金融機関側も取り立てができなくなると言う現象が起こり得ます。つまり双方にデメリットしか生まないのです。

所得の低い人は低いなりの理由があります。とりわけ計画性があまりありません。だから低所得のままなのです。そんな人たちを狙った金の貸し借りは時代錯誤としか言いようがありません。
重ねて述べますが、規制は当然だと思います。むしろもっと規制を強化するべきだと思います。