総量規制対象外のカードローン=銀行のカードローン

注目

総量規制対象外のカードローンとは?

2010年の6月より金融庁よりの通達で施行された「総量規制」で、消費者金融系やクレジット会社は借入申込者の年収の3分の1を超える貸付が出来ないことになりました。

これは、過去に大きな問題になった多重債務者をなくすために金融庁によって定められた法律です。

しかし、銀行のカードローンはこの総量規制の対象外になっており、借入希望者の状況によっては年収の3分の1を超える貸付も可能になります。
つまり、総量規制対象外のカードローンを探すなら銀行カードローンに絞って探せばOKです。

逆に総量規制の対象となっているものは以下のような、いわゆる消費者金融系になります。

【総量規制の対象となるカードローン】
プロミス、アコム、モビット、ノーローン、アイフル、オリコ、武富士、オリックスVIPローンカードetc

これらの消費者金融カードローンは、総量規制により、年収の三分の一までしか融資をしてもらえません。法律で決められていることなので審査によってどうにかなるというものではありません。

総量規制はなぜ導入されたか?

複数の金融機関から金を借りて返済に困窮している状態の方を一般的には多重債務者と呼んでいますが、このような多重債務者が増えてきたことが大きな社会問題として報道されたりして騒がれたことを背景に、貸金業の監督官庁である金融庁によって多重債務者が発生しにくくするための一方策として総量規制が設けられました。

総量規制は貸金業法の中で定められている規制で、この総量規制の内容は次のようになっております。

  1. 規制が対象とする貸付対象者は「個人向け貸付」になります。
  2. 個人向けの保証債務については総量規制の対象外になります。つまり、個人の方が借りる場合に対しての規制になります。
  3. 複数の金融機関が貸し付ける貸付総額の限度額を原則として「年収の3分の1までに制限する。」という規制です。ただし、銀行が対象外になっているなど、一部の例外もあります。
  4. 個人でも事業用資金の場合は総量規制の対象外になります。

具体的には、個人の方から資金の借入申込を受けた時に、貸金業者は信用情報機関に個人信用情報を開示してもらって他の貸金業者からの借金残高を調査します。

調査結果が借入希望者の年収額の3分の1を超えてしまうかを判断し、超えている場合には貸付が出来ないことになります。これは貸金業者側に義務付けられているルールです。

上記の他に貸金業者が確認しなくてはならない細かい詳細規則が有りますが、「総量規制」は基本的に貸金業を営む側が無制限に貸付をして新たな「多重債務者」を生み出すことが出来ないようにすることが目的の規制です。

この規制が定められてから多重債務者の発生件数は減少傾向に有りますが、この規制内容の法律文書には「消費者金融、事業者金融、クレジット会社、信販会社」だけを対象業者に指定しています。銀行法で規制されている銀行は総量規制対象外になり、「完全に規制できていないのではないか」という声もあります。

総量規制と銀行

先にも述べたとおり、総量規制というのは、貸金業法で定められている規制のことをいいます。つまり、対象は貸金業法の対象となっている貸金業者です。貸金業者とは、消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)などが含まれます。

一方、銀行は、銀行法で規制されていますので、基本的に貸金業法の規制は関係ありません。つまり、総量規制対象外ということになります。

ちなみに、クレジットカードの借金であっても、ショッピングで使ったものは総量規制の対象とはなりません。ただし、借金であることには変わりありませんので新規にカードローンの申し込みをする際には審査のポイントにはなってくると思われます。無茶な利用は控えるようにしましょう。

 

 

総量規制でも即日融資可能な銀行系のカードローンについて。

2006年12月から施行された総量規制では銀行のカードローンは対象外になっています。
一気にすべて規制すべきという声がある反面、本当に必要な人は借りるところがなくなってしまい、結果、闇金などのさらに悪徳な業者に走る傾向があるということで、銀行が総量規制の対象外になっている現状を容認すべきという声も少なくありません。


お金を借りてまでという発想が良くない

sanseihantai 知り合いが事業で失敗し、消費者金融に借金してましたが、見てられませんでした。
 根本的にお金を借りなければいけないような状況の人というのは、実は贅沢だったり、だらしがなかったり、危機管理能力が低い人が多いので、余程大病をしたとか、大怪我をしたというような理由(特例)でない限りは、総量規制などの制限をしっかり付けて借りさせないようにした方がいいと思います。

 事業をしたいのは、誰でもそうだと思います。

 誰だって雇われてこき使われるよりは、自分が社長や店長になりたいと願っているのです。

 でも普通の人は返せるかわからないようなお金を銀行に借りてまで事業をしません。

 そして事業が失敗したからといって、返済できないというような無責任な人が増えると困ります。

 銀行や消費者金融に借りる前に、家族や親族に借りるのが普通です。

 でもまともな人だったら、大切な家族や親族にお金の苦労をかけたくないと思うから、お金を借りてまで事業を起こそうとか思いません。

 コツコツと働いて、家族のためにお金を少しずつでも貯めて貯金していくのがまともな人間の考え方です。

 どうしても事業を起こしたいなら、昼も夜も働いて資金を作れるはずです。

 お金をきちんと管理したり生み出したりできない人間には、簡単に融資してはいけません。

korehakuchikomi


当時の法律がすべて悪かった

消費者金融での借入やクレジットカードでキャッシングに対して
総量規制という貸金業法という法律が設けられました。
これは年収を算出し、その年収の3分の1を貸出の枠に
規制するというものです。

私は総量規制によって消費者金融はどんどん無くなっていくと思います。
以前はアルバイトの方や低所得の方でも
返済を滞ることがなければ限度額の増額を消費者金融のほうから
勧誘してくるといったやり方をしていました。
もちろん法律の傘で守られていましたから
どんどん貸し出して高い利息で儲けていたんですね。
借入額が増えて多重債務・自己破産に陥ってしまうケースを
消費者金融側でもわかっていたはずです。
それでもどんどん貸し出すというのは、
やはり法律を傘に儲けに走ったからではないでしょうか。

しかし、過払い請求の件で消費者金融に悪い印象を持つ方が
増えたかもしれませんが、私はそうは思いません。
そのときの法律に則っていましたし、
利息も貸し出す際に合意の上で借りたはずです。
私は当時の法律がすべて悪かったと思います。

お金を借りるということ

 お金を借りる人はお金を借りることで、仕事に張り合いが出るから借金すると言う人はいい。こちらには全く害はない。その人は借金を返すために頑張るのみ。

 お金を借りてかえせなくなる人が困るのである。簡単にカードで現金が手に入るので、後のこと、つまり返済のことを考えないで借りる人がいる。そういう人は、その借金をまた別な所から借りて返すという事になると借金スパイラルになり、身近かな人に、お金を貸してくれと頼むようになる。

少しでもいいから、と言われるとこっちが困ってしまう。金の切れ目は縁の切れ目というが、私は貸さないようにしている。お金を貸したら最後、お金は100%戻ってこない。捨てるつもりで金を貸して、本人は全然反省していないかのようである。

 私は借金をしない。大きな買い物をする時は、月々の支払いを考えるのは当然だ。若い30くらいの人が何千万もの家を建てるのを見て、すごいなあ、勇気あるなあ、と私は思ってしまう。いまだに借家暮らしだ。今車の支払いも大学で借りていた奨学金も返し終わりほっとしている。借金がないと気も楽だ。

総量規制などの法律も、やはり身の程をわきまえない状況に陥る人を救い出すという視点で見れば、必要なことではないだろうか?

就活準備に役立つカードローン

私は大学に通う就活中の女子です。先日、カードローン(銀行)の申し込みをしました。

入学と同時に上京し寮生活が始まった為、学業とアルバイトに忙しく運転免許を取りに行く時間も無く気づいたら3年生になっていました。
しかし就職活動をするにあたって普通免許くらい取っておかないとだめだよと周囲にも諭され、今回頑張って通うことに決めたんです。
と、そこまでは良かったのですが困ったことは教習所代の捻出でした。

学費や生活費を出してくれている両親にこれ以上負担をかけたくないし、かといって25万円相当の現金を一括で払える余裕もないのが現状でした。
そんな時友人のアドバイスで、今は学生でもカードローンを作れることを知り審査を受けることにしたんです。

自動車教習所が提携しているローンもあると聞いたのですが、カードローンを作っておけばこれから先も急な出費に備えれたら安心だなって思いました。

学生でも受け付けてくれる会社、それも銀行だったのでこんなにすんなりと利用できていいんだろうかと疑心暗鬼になったくらいです(笑)

聞くところによると、銀行のカードローンは総量規制という法律の対象外になっているらしく、今人気なんだそうです。
私はそういう規制に関係なく借りられてホッとしましたが、将来的にも、借りすぎには十分注意したいと思っています。

資金の半分以上はアルバイトで捻出できていたので、残りの10万円ほどをカードローンで借りることができました。

頑張って教習所に通う日々です。

借金と誘惑と限度

何故、借金してしまうのか考えたことはあるでしょうか。お金が足りないからや現金を使いたくないから等々、理由は様々だと思います。けれど、これらに共通して言えることは甘えです。お金を貸してくれる人がいる。ただそれだけの事に思えますが、そこに人は必ず甘えてしまいます。お金を借りられると言う現実が借金と言う誘惑を生むのです。

この誘惑はなくなることはありません。何故ならば、世間はこの誘惑が良いと判断しているからです。誘惑がなくならない世の中で借金をしない為には、誘惑に負けない自分でいるしかないのです。

お腹がすいている時、夕飯まで我慢出来ずに食べる摘み食いはとても美味しいです。

けれど、摘み食いをしすぎては夕飯が食べれなくなってしまいます。借金も同じです。給料日まで我慢出来ず、少しくらいならと思ってするのなら取り返しはつきます。ですが、給料日までに多くの借金を積み重ねてしまっては取り返しがつかなくなります。限度と言うものを理解した上で借金を利用出来れば、それは良いことです。限度を知らなければ逆に借金に飲み込まれてしまいます。

これが、借金を積み重ねない為に覚えておいて欲しいことです。限度は、人それぞれ違います。将来的にみても、何の支障もなく借金を返せる自信がある所までです。ぎりぎり返せるどうかでは、すでに限度を越えているのです。借金で言う限度とは、限界ではなく余裕を持てるかどうかなのです。

余裕を持って借金をするのならば、困る事はないでしょう。借金は一概に悪いとは言えませんが、現実的に無理であり過度な借金は良くないのです。借金を返す為に借金をする、つまり借金に追われることになった時、家族や友達から借金をすることになるでしょう。

その時、借金を返す為に借金をする人に借金を返すことは出来るでしょうか。自分の不本意な借金から家族や友達までも巻き込む事になるのです。借金をした時は、ほんの些細な幸せを感じるかもしれません。ですが、その為に大切なものを失うことは幸せとは言いません。

袋は一杯にならぬうちに縛れ。

と、ことわざにもあるように欲張ることは良くないのです。借金とは現金が増えるわけではありません、欲張っても増えるのは現金ではなく借金です。限度をわきまえると言うことをしっかり心に刻んでいれば借金を積み重ねてしまうこともないでしょう。借金を積み重ねない為には、心を鍛えなければなりません。

心を強くすることが、借金を積み重ねない為に一番重要なことなのです。

カードローンって便利ですね!

友人と海外旅行に行くことになりました!…が、ちょっとお金が足りません…。
先月体調を崩したこともあって残業があまりできませんでした。給料が少し安くなったので、見込んでいた額がたまりませんでした。
でも、せっかくみんなで旅行の予定を立てたのでどうしても行きたい!
お金の工面をするために、職場近くの銀行に行くことにしました。
銀行員の方に相談すると、その銀行カードローンを勧められました。カードローンって抵抗があったんですけど、社会人になると作る人も多いようで作ることにしました。
審査もクリアできたし、これで急な出費があるときはカードローンを利用することができます。
くれぐれも使いすぎないように気を付けて利用したいと思います。

(26歳・女性)

彼女へのプレゼントに

付き合って5年以上たつ彼女がいます。社会人にもなったし、ちゃんとした誕生日プレゼントをあげたいと思っていたのですが、彼女の誕生日がある月に限って結婚式が二回も…。
しかも、両方とも遠くの地域である結婚式なので、交通費や二次会費用も合わせると軽く10万円以上になってしまいます。
これは何とかしないといけないと思い、カードローンについて調べてみることにしました。
テレビコマーシャルでお馴染みの消費者金融系のカードローンでもよかったのですが、総量規制という法律が気になったので、私は銀行のカードローンを選ぶことにしました。
何と言ってもメガバンクなので、安心感が違います。金利も少し安かったように思うので、話を聞いてすぐに契約を決めました。
上手にお金の工面をして、彼女のプレゼントを購入したいと思います。

新婚旅行!

結婚して、新婚旅行に行く予定です。が、思った以上に結婚式に費用が掛かってしまい、海外旅行に行く費用が足りません…。
結婚式の前後で会社から休みを長期間もらっているので、何とかこの期間中に海外旅行に行きたいのですが、どうしてもお金が足りません。
妻とも話し合った結果、銀行カードローンを利用することにしました。銀行系のカードローンのため、金利も安そうだと思ってこのカードローンを選ぶことにしました。

実際の契約は銀行の支店で行いました。自分の個人情報と、収入状況などを聞かれ審査の結果を待ちます。
審査も通過し、何とかカードローンを利用できるようになりました。
利用の限度額は70万円。使いすぎないように注意して上手に活用したいと思います。

結婚祝儀でお世話に・・・。

友人と職場の先輩、後輩の計三回、結婚式にお呼ばれする機会がありました。
安く見積もってもご祝儀だけで金額は9万円。しかも今月は車のボーナス払いの月も重なっていたので、出費がかなり多くなってしまいます。

親や友人に借りるわけにもいかないし、どうしようか悩んでいた時、インターネットで調べていたら銀行カードローンを見つけました!
テレビコマーシャルでもお馴染みですし、メガバンクという安心感もあったので、近くにある支店に行き、カードローンについて相談することに…。

銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われていますが、私の場合割とすんなり契約をすることができました。
おかげで結婚式ラッシュを乗り切ることができました。とても感謝しています。

(28歳・女性)