総量規制対象外のカードローン=銀行のカードローン

注目

総量規制対象外のカードローンとは?

2010年の6月より金融庁よりの通達で施行された「総量規制」で、消費者金融系やクレジット会社は借入申込者の年収の3分の1を超える貸付が出来ないことになりました。

これは、過去に大きな問題になった多重債務者をなくすために金融庁によって定められた法律です。

しかし、銀行のカードローンはこの総量規制の対象外になっており、借入希望者の状況によっては年収の3分の1を超える貸付も可能になります。
つまり、総量規制対象外のカードローンを探すなら銀行カードローンに絞って探せばOKです。

逆に総量規制の対象となっているものは以下のような、いわゆる消費者金融系になります。

【総量規制の対象となるカードローン】
プロミス、アコム、モビット、ノーローン、アイフル、オリコ、武富士、オリックスVIPローンカードetc

これらの消費者金融カードローンは、総量規制により、年収の三分の一までしか融資をしてもらえません。法律で決められていることなので審査によってどうにかなるというものではありません。

総量規制はなぜ導入されたか?

複数の金融機関から金を借りて返済に困窮している状態の方を一般的には多重債務者と呼んでいますが、このような多重債務者が増えてきたことが大きな社会問題として報道されたりして騒がれたことを背景に、貸金業の監督官庁である金融庁によって多重債務者が発生しにくくするための一方策として総量規制が設けられました。

総量規制は貸金業法の中で定められている規制で、この総量規制の内容は次のようになっております。

  1. 規制が対象とする貸付対象者は「個人向け貸付」になります。
  2. 個人向けの保証債務については総量規制の対象外になります。つまり、個人の方が借りる場合に対しての規制になります。
  3. 複数の金融機関が貸し付ける貸付総額の限度額を原則として「年収の3分の1までに制限する。」という規制です。ただし、銀行が対象外になっているなど、一部の例外もあります。
  4. 個人でも事業用資金の場合は総量規制の対象外になります。

具体的には、個人の方から資金の借入申込を受けた時に、貸金業者は信用情報機関に個人信用情報を開示してもらって他の貸金業者からの借金残高を調査します。

調査結果が借入希望者の年収額の3分の1を超えてしまうかを判断し、超えている場合には貸付が出来ないことになります。これは貸金業者側に義務付けられているルールです。

上記の他に貸金業者が確認しなくてはならない細かい詳細規則が有りますが、「総量規制」は基本的に貸金業を営む側が無制限に貸付をして新たな「多重債務者」を生み出すことが出来ないようにすることが目的の規制です。

この規制が定められてから多重債務者の発生件数は減少傾向に有りますが、この規制内容の法律文書には「消費者金融、事業者金融、クレジット会社、信販会社」だけを対象業者に指定しています。銀行法で規制されている銀行は総量規制対象外になり、「完全に規制できていないのではないか」という声もあります。

総量規制と銀行

先にも述べたとおり、総量規制というのは、貸金業法で定められている規制のことをいいます。つまり、対象は貸金業法の対象となっている貸金業者です。貸金業者とは、消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)などが含まれます。

一方、銀行は、銀行法で規制されていますので、基本的に貸金業法の規制は関係ありません。つまり、総量規制対象外ということになります。

ちなみに、クレジットカードの借金であっても、ショッピングで使ったものは総量規制の対象とはなりません。ただし、借金であることには変わりありませんので新規にカードローンの申し込みをする際には審査のポイントにはなってくると思われます。無茶な利用は控えるようにしましょう。

 

 

総量規制でも即日融資可能な銀行系のカードローンについて。

2006年12月から施行された総量規制では銀行のカードローンは対象外になっています。
一気にすべて規制すべきという声がある反面、本当に必要な人は借りるところがなくなってしまい、結果、闇金などのさらに悪徳な業者に走る傾向があるということで、銀行が総量規制の対象外になっている現状を容認すべきという声も少なくありません。


総量規制対象外でなおかつ即日融資可能なところ

注目

お金を借りる際に重要なのは返済が充分に可能かどうかということです。総量規制はそのために導入された規制といって良いでしょう。つまり、もっとお金を借りる際には慎重になりましょうねと言っているわけです。

しかし、実際にはなかなかそうは行きません。お金が必要になるのは予めわかっていることもありますが、いきなり必要になるケースも少なからず存在します。親兄弟など頼れる人がいれば良いですが、そうも行かないという場合にカードローンは非常に強い見方になります。

しかし、総量規制があると、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。年収1000万円なら300万円ちょっと、年収600万円なら200万円、年収300万円だと総量規制上の借り入れ可能上限は100万円となります。
さらに年収が低い人となると、借入可能額は100万円にも満たない額が上限となるわけです。

そこで総量規制対象外のカードローンが注目されることになります。
総量規制の対象外なおかつ、即日融資に対応しているところとなると、ネット銀行などが有名で人気があります。

ネット系の銀行はネットでのやり取りに特化した銀行ですから、ローンなどの申込みもネットでのやり取りを想定し、スムーズに手続きが進めやすいという側面があります。

また、某大手銀行などのように、ATMと連動することで融資までのスピードを短縮しているようなケースもあります。

いずれにしても、ある程度規模のある銀行の方が対応も素早く、なおかつ安心感も大きいといえるでしょう。

総量規制の口コミ

注目

総量規制について、ネットユーザーの意見を集めてみました。

問い:
『総量規制は必要だと思いますか?』



総量規制について無知な人のために、総量規制についての簡単な解説も掲載してアンケートを取りました。
回答者はいずれも不特定多数のインターネットを利用している一般ユーザーです。
総量規制の内容から、人によっては“借金をすること”自体を全否定される方もいらっしゃいますが、そういった声も一つの意見ですので、そのまま掲載しています。

多重債務を救う総量規制

sanseihantai

そもそも総量規制って多重債務になる人を救済するわけではなく、そうなる前に手を打とうっていう法律なはずなので、考え方は間違ってないと考えます。多重債務に陥る人は結局お金の管理にルーズな人が多いって話もよく聞きますから性善説で考えてたら状況はよくならないのでは?必要以上にお金を借りたいという人にはそれなりの理由があるはずで、そうならないような社会の仕組みは絶対に必要です。

korehakuchikomi

総量規制のせいでヤミ金が増えるのでは?

sanseihantai

反対ですよ。総量規制とかの制限に引っかかった人が、お金を借りなくても良くなるわけではありません。お金は必ず必要で、そのお金を用意できなければその人の人生は悪い方向に転びます。それが一家の家計を預かる立場の人だったらちょっとその後の展開も想像したくありません。銀行が総量規制対象外って話ですが、消費者金融とかから借り入れできない人が銀行から融資してもらえるのかも疑問ですし。。。結局、急場しのぎでヤミ金とかに流れていくんじゃないでしょうか?だから反対です。

korehakuchikomi

総量規制よりも多く借りたいという人は多い

sanseihantai

知り合いが消費者金融から借りたけど、ある日借り入れができなくなったそうで、それが総量規制だったようです。最初はその人も面食らって周囲にお金の無心をしたりしたそうですが、そのうち銀行のカードローンとか、総量規制対象外カードローンというものを知ったようで、ネット銀行のカードローンに申し込んだら追加で借りれて助かったって話をききました。
そういう友達の話を考えると、規制も良し悪しだなと思います。だって本人が借りられないのは自業自得の面があるとしても、周囲の人にしてみたら結構迷惑な話ですよ。まぁ、対象外があるからいいんですけど。

korehakuchikomi

総量規制は妥当な制度

sanseihantai
かつての消費者金融のように際限なくお金が借りれるようだとやはり、自己破産などにもなる可能性が高くなるので何らかの規制は必要なのではないかと思います。そういう意味では総量規制の年収の3分の1というのは妥当な数値といえるのではないでしょうか。10分の1だとかなり少額になる場合もあるので3分の1だとそれなりにまとまった金額でもあるので少なすぎるということにもならないように思います。
しかし、実際にはお金の管理は金額の大小や割合というものでなく、しっかりとした経済感覚をもって家計をコントロールするかによるところも大きいと思います。3分の1しか借りれないと思う人はそもそも経済感覚的にも甘いように感じます。家賃などの住居費も収入の3分の1といわれているので妥当な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制は必要かとは思うけど。闇金がのさばる可能性も?

sanseihantai私は現在30代後半ですが、私の親世代はまだまだ家庭が貧しかったり、法律もしっかりと整備されていなかったこともあったのでしょうが、闇金からの取りたてなどはヤクザまがいの人達も多かったようです。

現在でもそういう業者はいるのかもしれませんが、きちんと県に届出をだして経営されている消費者金融の方が多数を占めていると思います。消費者金融は悪のような扱いをされることがありますが、借りる本人の意識や使い方次第で生活の助けになる部分は大きいかと思います。

世の中には法律で割り切れない類の借金を抱えつつ、何とか生活をしている方々も必ずいますし、銀行はおろか消費者金融でも総量規制が壁となり、もうどこへ行っても借りることができない場合には、破滅の道をたどる可能性があったとしても、わらにもすがる思いで闇金から借り入れをしてしまうのでは?と思います。

korehakuchikomi

キャッシングの総量規制、希望となるのかそのまた逆か?

sanseihantai貸金業法が施行されたのは、わたしが丁度貸金業に関係する仕事に携わっていた時のことでしたので、
実際に総量規制が開始された際のパニック状態は強く印象に残っています。

そう、まさしくパニック状態でした。貸金業法は段階的に施行されたというものの、実際には認知が足りなかったのか、利用者にとっては借りられるお金の額が急に減ったという印象を残すばかりだったようです。

その時聞いた多くの意見は、「急に借りられる額が減ったら生活が出来ない」「それなら借りられる別のところから借りるしかない」といったものでした。
キャッシングを利用するすべての人がそうであった訳ではないものの、多重債務者に一番近い、限度額いっぱいまでキャッシングをしている人たちを追い詰めたのは間違いないようでした。
本当に総量規制で多重債務は減るんだろうか。このままでは違法な貸金業者にお金を借りる人が増え、多重債務の問題をより広げるだけになるのではないかと考えたのを覚えています。

総量規制は多重債務解消の希望となったのでしょうか。
もしかしたら、より悪い方へ後押しする結果になってしまったのではないかと今でも思います。

korehakuchikomi

歯止めを利かせる為には必要なもの

sanseihantai年収の3分の1までしか借り入れが出来ないのは、借りる者にとって親切な規制ではないでしょうか。
際限無く借りられたとしても返せないのでは意味がない上にお金を貸す側にも最終的に迷惑がかかってしまうのではと思います。
お金は返す時だけでもなく借りる時にも計画性をもって実行すべきだと思うので、それの目安や手助けになりうる裁総量規制は良い制度だと思います。
総量規制にとらわれたくなければ銀行から融資を受けるという選択肢も残されているので、返せる予定や自信がある人はそちらから借り入れれば良いのです。
それぞれの経済状況と未来の収入を踏まえて各機関からお金を前借りするなら、歯止めを利かせる自制心が大切です。
それが無い人にとっては将来首が回らなくなって困ることの無いよう、必要な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制は妥当な制度

sanseihantai際限なくお金が借りれるようだとやはり、自己破産などにもなる可能性が高くなるので何らかの規制は必要なのではないかと思います。そういう意味では総量規制の年収の3分の1というのは妥当な数値といえるのではないでしょうか。
10分の1だとかなり少額になる場合もあるので3分の1だとそれなりにまとまった金額でもあるので少なすぎるということにもならないように思います。しかし、実際にはお金の管理は金額の大小や割合というものでなく、しっかりとした経済感覚をもって家計をコントロールするかによるところも大きいと思います。
3分の1しか借りれないと思う人はそもそも経済感覚的にも甘いように感じます。家賃などの住居費も収入の3分の1といわれているので妥当な制度だと思います。

korehakuchikomi

総量規制は必要かとは思うけど。闇金がのさばる可能性も?

sanseihantai私は現在30代後半ですが、私の親世代はまだまだ家庭が貧しかったり、法律もしっかりと整備されていなかったこともあったのでしょうが、闇金からの取りたてなどはヤクザまがいの人達も多かったようです。

現在でもそういう業者はいるのかもしれませんが、きちんと県に届出をだして経営されている消費者金融の方が多数を占めていると思います。消費者金融は悪のような扱いをされることがありますが、借りる本人の意識や使い方次第で生活の助けになる部分は大きいかと思います。

世の中には法律で割り切れない類の借金を抱えつつ、何とか生活をしている方々も必ずいますし、銀行はおろか消費者金融でも総量規制が壁となり、もうどこへ行っても借りることができない場合には、破滅の道をたどる可能性があったとしても、わらにもすがる思いで闇金から借り入れをしてしまうのでは?と思います。

korehakuchikomi

キャッシングの総量規制、希望となるのかそのまた逆か?

sanseihantai貸金業法が施行されたのは、わたしが丁度貸金業に関係する仕事に携わっていた時のことでしたので、
実際に総量規制が開始された際のパニック状態は強く印象に残っています。

そう、まさしくパニック状態でした。貸金業法は段階的に施行されたというものの、実際には認知が足りなかったのか、利用者にとっては借りられるお金の額が急に減ったという印象を残すばかりだったようです。

その時聞いた多くの意見は、「急に借りられる額が減ったら生活が出来ない」「それなら借りられる別のところから借りるしかない」といったものでした。
キャッシングを利用するすべての人がそうであった訳ではないものの、多重債務者に一番近い、限度額いっぱいまでキャッシングをしている人たちを追い詰めたのは間違いないようでした。
本当に総量規制で多重債務は減るんだろうか。このままでは違法な貸金業者にお金を借りる人が増え、多重債務の問題をより広げるだけになるのではないかと考えたのを覚えています。

総量規制は多重債務解消の希望となったのでしょうか。
もしかしたら、より悪い方へ後押しする結果になってしまったのではないかと今でも思います。
korehakuchikomi